リクルートカードを作るメリットもありますがデメリットも存在します

トップページ
お気に入りに追加
  

リクルートカードを作るメリットもありますがデメリットも存在します

リクルートカードを作るメリットは、いくつかあるので紹介していきます。

 

まず1つ目が、年会費無料で作れることです。
初年度だけ年会費無料のクレジットカードがある中で、リクルートカードはずっと年会費無料です。

 

つまり、持っていてマイナスになることがありません。
ETCカードについてもずっと年会費無料で持てますので、もし車に乗る機会があるのなら作っておくといいでしょう。

 

2つ目が、ポイントの還元率が高いということです。
還元率が100円の買い物で1.2ポイント貯まることを基本にしています。
クレジットカードの中には、還元率が100円で0.5ポイントや1ポイントとしているところもあるので、それらに比べるとポイント還元率が高いです。

 

3つ目が、ポンパレモールで買い物をすると、還元率が100円で4.2ポイントの還元を受けることができます。
もしも1万円の買い物をすると、それだけで420円のポイントが一気に貯まることを考えると、かなりお得ではないでしょうか。

 

もちろん、ポンパレモールからのポインとも貯まるので、ダブルでポイントが貯まることになります。
ここまでメリットを紹介しましたが、実はデメリットと感じることはあります。

 

それは、ポイントを使えるところが少ないということです。
ポイントを使えるところは、ポンパレモールやじゃらんなどのリクルートのサービス、ポンタカードの提携店でしか使えないので、それらのサービスを使う人しか恩恵が受けられないことになります。